【機動力超UP】ミニマリストになると身軽になる5つの理由とは?

ジャンプしている2人


こんにちは、ミニマリストけんです。


悩む男性

ミニマリストしぶさんがよく「モノを減らすと身軽になる」って言ってるけどどういうこと?詳しく教えてください。



この疑問に答えたいと思います。


記事の内容は以下の1点です⬇️


①ミニマリストになると身軽になる5つの理由




少しネタバレを含みますが、ミニマリストになる前の僕は新しいことに挑戦できなかったり、常識や固定観念に縛られていて自由な発想を持ったり行動を取ることができませんでした。そして、外出のための準備時間が長く、荷物が多かったりと、物理的にも精神的にもフットワークが重かったです。


しかし、ミニマリストになってからは、新しいことに挑戦するマインドを手にすることができるようになり、自由な発想を持ったり、外出のための準備時間が減り、荷物の量も少なくなったので、物理的にも精神的にも身軽になることができました。


この記事を読むと、ミニマリストが身軽である理由を知ることができ、「ミニマリストになろう!」「モノを減らそう!」とモチベーションが上がると思います。


ミニマリストが身軽になる理由について知りたい方は是非ご覧ください。


ミニマリストはモノが少ないので身軽になれる

ジャンプしている男性


ミニマリストは、モノが少ないおかげで身軽になることができます。




何故モノが少なくなると身軽になれるのか?その理由を以下の3つに分けて解説したいと思います⬇️


①モノが少ないので、外出の準備時間が短くなって身軽になれる

②荷物が少ないので身軽になれる

③引っ越しに時間がかからないので身軽になれる



外出のための準備時間が短いので身軽になれる


ミニマリストになると、外出のための準備時間が短くなるので身軽になることができます。


  • 友人とどこかへ行く
  • 学校へ行く
  • 会社へ行く
  • 旅行へ行く
  • 買い物のためにショッピングモールへ行く
  • 実家に帰省する




これらのための準備時間がミニマリストになると激減されるため、身軽になることができます。


準備がすぐに終わるので、「俺はいつでも外出できるぜ」「フフフ、準備なんて秒で終わる」という感じで心に余裕が生まれたり、どこかへ行きたくなった時もすぐに準備が終わってしまうので、精神的にもすごく楽になって身軽になることができます。


では、何故外出のための準備時間が短くなるのかというと、①部屋にモノが少なく②持っていくモノが少ないからです。


外出の準備をするとき、部屋にモノがたくさんあるとこういったことを考えると思います⬇️


「どれを持って行こうかな?」

「どれを持って行くべきかな?」

「これ必要かな?不要かな?」

「うーん、何を持っていけばいいかわからない…….」




といった感じで、モノが多いと何を持っていけばいいかわからず、悩み、迷う時間が増えてしまいます。





さらに、モノが多いと探し物に費やす時間が増えてしまいます。「財布持っていかないといけないんだけどどこいったんだ……」「明日必要な書類がない!どこいったんだ…….」といった感じで、モノが多いと無くすリスクが高まり、探し物をする時間が増えてしまいます。


散らかった部屋




さらに、ミニマリストでない人はやたらと荷物が多いので、パッキングの時間が長くなってしまいます。


しかし、ミニマリスはモノがかなり少ないので、何を持って行くべきかを迷ったり悩むことはなく、探し物に費やすこともないので準備がすぐに終わります。


台風などの災害が来てもすぐに逃げれるので、ミニマリストは非常に身軽だと思います。


このように、準備時間が短くすぐに外出できるので、心に余裕が生まれ身軽なのです。




外出時の荷物が少ないので身軽になれる

座っている男性


ミニマリストは外出時の荷物が少ないので身軽です。


ミニマリストは現金や長ザイフは持たず、スマホ決済がメインの人が多かったり、余計なモノは持たず本当に必要なモノしか持ちません。


故に、荷物が少ないのです。


例えば、僕がミニマリストになる前は、リュックとスーツケースで実家に帰省していました⬇️





しかし、モノが少なくなってミニマリストになったおかげで、リュック1つで遠出できるようになりました⬇️


[グレゴリー] バックパック コンパス30 国内正規品




リュックの中に全て荷物が入るようになったので、準備が約30分で終わるようになっただけでなく、文字通り身軽になることができました。


リュックを背負い、スーツケースを引きずって帰省していたときはとにかく体力を消費し、身も心も重たくてかなり疲れていました。しかし、リュック1個に全てが収まるようになったので両手は空き、自由度は増し、荷物の総量が減ったので身も心もスッキリしました。


おかげで、地元に帰った時もカバンを背負って自転車で移動できるようになったりと、文字通り機動力を得て身軽になりました。


自転車と男性



他の例を挙げると、ミニマリストになる前は外出時は必ずリュックを背負っていたのですが、今となればスマホとカードと現金の入った財布さえ持っていけば事足りるようになりました。


このように、ミニマリストになったおかげで帰省などの外出時の荷物が激減したおかげで最高に身軽になりました。



実家の帰省時のカバンの中身を公開した記事があるのでそちらも是非ご覧ください⬇️






引っ越しに時間があまりかからない


ミニマリストはモノが少ないので引っ越しにかかる時間が短く済むので身軽です。



ミニマリストはモノが少なく、「引っ越しはすぐに終わる」という自信があるので以下の感覚が生まれます。


「モノ少ないからいつでも引っ越しできるよ」

「3時間もあれば引っ越しの準備は終わる」

「前までは張り切ってやってたけど、ミニマリストになったおかげで引っ越しなんてヌルゲーになった」

「僕は洗濯機も冷蔵庫も持ってないからダンボールに荷物を詰めて宅急便で送れば終わる」




といった感じで、「引っ越しなんて楽勝!」「すぐに終わるよ!」という感覚がミニマリストにはあるのでとても身軽です。


例えば、ミニマリストになる前の僕はモノがこんなにありました⬇️


ミニマリストけんの散らかった部屋
上2枚の画像は2016年に住んでいたアパートで、下2枚は現在住んでいる部屋に引っ越しが完了した時の写真です。




モノが大量にあった時は、「引っ越しか……荷物多くてしんどい….梱包と運搬にめちゃくちゃ時間かかりそうだな…………..」という感じでした。


しかし、ミニマリストになった今は、「引っ越し?モノが少なくて大型家電や家具もそんなにないしすぐに終わるな。椅子と机と洗濯機の輸送手段があるならいつでもできるぜ」という感じで、フットワークが軽くかなり身軽です。


ミニマリストけんの部屋



ちなみに、ミニマリストしぶさんは、荷造り・詰め込み・移動・再配置こみこみで83分で引っ越しが完了したそうです。



このように、ミニマリストはモノが少ないので引っ越しが楽です。「引っ越しなんて楽勝だしすぐに終わる」という感覚があるのでフットワークが軽く身軽になのです。



部屋と持ち物を公開した記事があるので参考までにご覧ください⬇️






見栄や固定観念、常識から解放されるので、自由で身軽になれる


ミニマリストは見栄や固定観念、常識といったものから解放されるので身軽です。




ミニマリストになると常識や固定観念といった凝り固まった考えから解放されたり、見栄がなくなります。その結果、他者の目をそこまで気にしなくなり、自分がやりたいことに取り組むことができるようにり、自由になり、身軽になるのです。


何故、常識や固定観念、見栄から解放されるのか?その理由を解説します。


ミニマリストは、ミニマリストになる過程でモノを大量に手放してきました。


モノを捨てる時に、「これは必要か?不要か?」「残すべきか?捨てるべきか?」ということを考えると思います。要は、必要なものと不要なものを知るための取捨選択のトレーニングを大量にこなしてきているのです。


その結果、自分にとって必要なものと不要なものを把握する取捨選択の能力が高くなっているのです。


取捨選択の能力が高いが故に、常識や固定観念から解放され、見栄も捨てることができて身軽になるのです。下記で詳しく解説します。


常識と固定観念からの解放


例えば、以下のような常識と固定観念が社会全体に広がっています。


車は持つべきである

結婚はすべきである

高級品やブランド品を持つことが幸せに繋がる

大学に入るのは当たり前

いい大学に入ればいい会社に入ることができる幸せになれる

残業は当たり前

なんでもいいから資格は取るべき

公務員は勝ち組

会社で働くのが当たり前。フリーランスなんて一部の人しかできない

現金が当たり前



このような常識が蔓延していて、多くの人が信じています。


しかし、ミニマリストは、必要なものと不要なものを見極める取捨選択のトレーニングを数多くこなしてきたので、こういった常識を聞くと以下のように思うことが多いと思います。


※全てのミニマリストがこう考えるわけではないのでご了承ください

「高級品やブランド物を買って幸せになるって本当?お金がかかるだけでコスパが悪いだけじゃない?」

「大学に入るべきだって言われてるけど、入学してもお金がかかるだけで大してスキルは身につかないしそこまでの価値はないよね」

「今の時代結婚ってそこまで価値ないし、ミニマリストになって自由に身軽に生きた方がいいよね」

「日本って現金が主流だけどキャッシュレスの方が明らかに楽だし得するよね」

「好きなことで生きていくのは無理って思われてるけど、みんなが思ってるより難しいことではないよね」



※全てのミニマリストがこのように思うわけではないのでご了承ください



といった感じで、世の中に蔓延している常識に対して、「それって本当?」「こうする方がいいんじゃない?」と、鵜呑みにせず疑います。このように、ミニマリストは常識と固定観念に縛られないが故に、身軽なのです。


例えば、ミニマリストになる前の僕は常識と固定観念にかなり縛られていました。


大学に入学し一人暮らしを始めたときは、「一人暮らしをして毎日料理をする機会があるんだから料理はやるべきだよな。上達すべきだよな。」と思っていたり、高校生の時に良いギターを持っていたことで「せっかく高いギターを持っているんだから上達すべきだよな」などと思っていました。


しかし、ミニマリストになったおかげで「それって本当にやる必要ある?」「持つ必要ある?」と、常識や固定観念を疑う姿勢が身についたおかげで、料理はしなくなり、ギターはあまり熱中できなかったので手放しました。




他にも、「公務員は勝ち組である」「学校の勉強ができないようじゃだめだ」といった常識や固定観念からも解放されたことで、自由に物を考えることができるようになりました。


繰り返しですが、ミニマリストは「これは必要か不要か?」「残すべきか?捨てるべきか?」という取捨選択のトレーニングを数多くこなしてきたことで、常識や固定観念に対しても「それって本当に必要?」「やる必要があるの?」と疑う姿勢が身につきます。故に、常識や固定観念から解放され、身軽になるのです。






見栄からの解放


ミニマリストになると見栄からも解放されて身軽になることができます。




上記にも書いたように、ミニマリストはモノを捨てることで膨大な取捨選択をしてきました。そのおかげで、必要なものと不要なものを見極めるのが上手いです。


取捨選択の力が高まった結果、「見栄、いらなくない?」となるのです。


どういうことかと言うと、他者の目を気にしてモノを買わなくなり、自由に行動するようになります。


例えば、多くの人が、「他者に優秀だと思われたい」「貧乏だと思われたくない」「無能だと思われたくない」といったことが理由で、高級品やブランド物、ちょっといいモノを買ってしまいがちです。


さらに、自分のイメージを崩さないよう周りに合わせて行動したり、嫌われるのが怖いという理由で本音や率直な意見を言うことができない、ということがよくあると思います。


これらは全て、「他者からよく思われたい」という見栄から生まれてくる感覚です。


しかし、ミニマリストになると見栄すらも捨てるようになり、自由にモノを買い、行動するようになり、本音や率直な意見を言えるようになります。故に、見栄から解放され、自由に行動できるようになり、身軽になるのです。




例えば、ミニマリストになる前の僕は友人や家族、ツイッターのフォロワーさんといった人たちから、無能でバカであると思われたくありませんでした。


そのせいで、無能であると思われないために自由に行動しなかったり、人間関係を少し避けたり、本音で物を言っていませんでした。


しかし、ミニマリストになってからというものの、「別に他者からどう思われたっていいし、見栄を張る必要ないよね。バカと思われても実際バカなんだしいいか」といった感じで、楽観的に考えられるようになりました。


そのおかげで、他者に否定されそうなことも、自分がやりたいことだったら平然とやるようになりました。一時期、学校にほうれん草を持っていって生でバリバリ食べていたこともありました。これは「他者からよく思われたい」「変なやつだと思われたくない」といった見栄があったら絶対にできないことだと思います。


このように、ミニマリストになると見栄を捨てることができ、自由に行動することができて身軽になるのです。



女性



終わり


いかがでしたか?


少し長い文章でしたが、参考になる部分があれば嬉しいです。


この記事では、「ミニマリストになると身軽になる」ということを解説したのですが、ミニマリストになると身軽になるだけでなく、人生が楽になるというメリットもあります。参考までに是非ご覧ください⬇️





というわけで本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)


ミニマリストけんとフィギュア