ミニマリストになったことで人生が楽になった4つの理由とは?

ジャンプしている男性


こんにちは、ミニマリストけんです。


“過労の男性"

疲れた人「楽して生きたいのですが何かいい方法はありませんか?ミニマリストになると人生が変わるって聞いたことあるけど具体的に教えてください」



この疑問に答えたいと思います。


記事の内容は以下の1点です⬇️


①ミニマリストになったことで人生が楽になった4つの理由



この記事を読むと、「ミニマリストになると人生が楽になるんだな」「ミニマリストになると人生がイージーモードになるかも」と知ることができます。


この記事では、「ミニマリストになったことで人生が楽になった理由」「生きていくのが楽になった理由」について紹介したいと思います。


ミニマリストになると本当にたくさんのメリットがあって数えきれないのですが、そのたくさんのメリットのおかげで自己成長ができたりして、人生が楽になります。


「ミニマリストになると人生が楽になる理由を知りたい」「楽して生きたい」と考えている方は是非ご覧ください。


ミニマリストになったことで人生が楽になった4つの理由

モノが少なくなると安い家賃でも生活できて楽になる

家賃


安い家賃でも生活できるので生きることに対して気が楽になりました。




ここはかなり大きいです。


何故安い家賃でも十分生活できるかと言うと、モノが圧倒的に少ないからです。


下記の写真を見るとわかるように、モノが少ないのでわざわざ広い部屋に住む必要はなく4〜5畳ほどの家でも十分に暮らせるのです。


ミニマリストけんの部屋



ちなみに僕は元マキシマリストで、ミニマリストになる前はモノを大量に持っていました⬇️


2016年9月に引っ越しが終わった時の画像




マキシマリスト時代は、「部屋は最低でも7畳はないとダメだ」「6畳では全然足りない」「家賃が4万円以下のところに住むのなんて無理」と当たり前のように考えていました。


しかし、モノを減らしミニマリストになったことでこう思うようになりました⬇️


「部屋は5畳くらいで足りる」

「家賃は2万円くらいで足りるよね」



と思えるようになりました。


※仮に、月5万円の家に暮らしたときと2万円の家に暮らした場合を比較してみると、年間で36万円も浮く計算になります




モノが減ってミニマリストになると、家賃という生活費の中では一番大きな固定費を大幅に下げることができるので、人生が楽になります。




高級品やブランド物に興味がなくなって気が楽になった


ミニマリストになったことで高級品やブランド物に興味がなくなりました。




ミニマリストになる前は、「高いものを買うことがステータスである」「良いものを買うことが幸せに繋がる」と思っていましたが、今となれば「ブランド物を買っても幸せになることはできない」「モノで幸せになることはできない」と思うようになりました。


少ないモノで快適な生活を送れるようになったことで、幸福な人生を送るにはモノはそこまで重要ではないと気づいたのです。


そのおかげもあってか、高級品やブランド物に対する興味がほぼゼロになり、かなり気が楽になったのではないかと思います。


何十万円もするリュックや靴、服、車、ネックレスといったものを全くと言っていいほど欲しいと思わなくなったので、なんだか肩の荷が降りたような感じがしています。




無駄遣いをしなくなった


ミニマリストになったことで無駄遣いをしなくなりました。




必要なモノは残しつつ不要なモノを徹底して捨てたことで、自分にとって必要なものと不必要なものの区別がつくようになり、無駄遣いが減ったのです。


そのおかげで、「自分は無駄遣いをしない」「無駄遣いをしないから少ないお金でも生きていける」と思えるようになり、気が楽になったのです。




例えば先月、こんなことがありました。


友人と大型ショッピングモールに遊びに行ったとき、時計店や雑貨、カバンや服のお店を約10件ほど回りました。




ミニマリストになる前の僕だったら、「あ、これ欲しいな」「これも欲しいな」「これ買ったらなんか便利そう」みたいな感じで、なんでもかんでも欲しがっていました。これは読者さんにも心当たりがあるのではないかと思います。


しかし、欲しいと思うものが何1つなかったのです。
高い物が売ってあるお店を何件も行ったにも関わらず1つもなかったのです。



その時僕は、「ここにあるモノはどれも素敵なモノだと思うけど僕を幸せにしてくれるモノは何1つとしてない」と感じました。



要するに何が言いたいのかというと、自分にとって必要なものと不必要なものを見極める取捨選択の能力がミニマリストになったことで大幅に上がり、お金を無駄に使うことがなくなったのです。


無駄遣いをすることがかなり減って、少ないお金でも十分生活することができる能力を得たので、生きるのが楽になったなと感じています。




ミニマリストになったことで劣等感が減って楽になった


ミニマリストになったことで劣等感が減り、生きるのが楽になりました。




何故劣等感が減ったのかと言うと、ミニマリストになる前は「高いものを持つことがステータスである」「年収が高い人間は良いモノを買えるから人生の勝者である」と考えていました。


しかし、前述したように、ミニマリストになったことで高級品やブランド物に興味がなくなり少ないお金でも十分生きていけるようになりました。


そのおかげで、高いものを身につけている人や年収が高い人を前にしても、嫉妬などの感情が全然湧き出てこなくなったのです。


「年収が1000万あるに越したことはないけどそこまであっても買うものとかないしなー」

「ルイ・◯ィトン?パテッ◯・フィリップ?フェ◯ーリ?興味ないし俺には必要ないモノだ」

「豪邸?すごいとは思うけど管理だるそう」



といった感じで興味がなくなり、嫉妬という感情が出てこなく自信を持って振る舞うことができ、人生が楽になりました。




終わり


いかがでしたか?


僕はミニマリストになったおかげで生きることがものすごく楽になりました。


これは僕だけではなく多くのミニマリストの方が同意すると思います。


この記事では4つ挙げましたが、人生が楽になる要因は他にもたくさんあります。


例えば以下のようなメリットがあります。


「消費」よりも「投資」をするようになる

貯金額が増える

お金を使うことに対する満足度が上がる

後悔しないお金の使い方ができる

やりたいことに費やせる時間が増える

行動力が上がる

勉強熱心になる



などいろいろあります。


上記のメリットは下記の記事で紹介し、解説してあるので合わせて読んでみてください⬇️




では本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)


ミニマリストけんとフィギュア