欲しいものがない件について【ミニマリストになるきっかけを得て2年が経過しました】

買い物をした女性


こんにちは、ミニマリストけんです。


筆者がミニマリストになるきっかけを得てから約2年が経過したのですが、その結果、欲しいものがなくなりました。


この記事では、何故欲しいものがなくなったかについて紹介し解説しようと思います。


参考までに是非ご覧ください。


完全に欲しいものがなくなったわけではないのでご了承ください。  



欲しいものがない件について【ミニマリストになるきっかけを得て約2年】

欲しいものがない理由


何故欲しいものがなくなったのかと言うと、自分なりの最強の持ち物が確立されたからです。


この一言に尽きます。


「自分なりの最強の持ち物」とはどういうことかと言いますと、「ほぼ全ての持ち物が自分が気に入っている物で、「これでいい」と満足している持ち物」であるということです。


ほぼ全ての持ち物に対して、「これは気に入っている」「これを使い続けよう」「これは超使えるから他に何か買う必要がない」といった感覚があるので、欲しいものがないのです。


例えば、僕はグレゴリーとジャコモバレンティーニというメーカーのリュックを使っているのですが、これは超お気に入りのリュックです。超お気に入りであるが故に、「俺はこのリュックだけで十分だ。他に何も欲しくないし何も望んでいない」と思っているのでリュックに関しては欲しいものがなく、買おうとも思わないのです。






ガジェットに関しても、僕はMacBook AirとiPhone11ProMaxとAnkerのモバイルバッテリーとAmazonスピーカーを持っているのですが、現状これらに満足していて気に入っているので、欲しいものがないのです。




机に関してもバウヒュッテというメーカーのスタンディングデスクを使っているのですが、この机はとてもカッコよくて使い勝手もいいのでお気に入りの品です。なので机に関しても、「この机じゃなくて他のやつが欲しい」という感覚はなく、「この机はデザインが良くてかっこいいし、使い勝手も良くて気に入っている。他の机を買う必要なんてないし買おうとも思わない」という感覚が僕の中にはあるのです。



Bauhutte (バウヒュッテ) 昇降式 スタンディングデスク (幅120cm×奥行45cm) BHD-1200H



このように、リュックやガジェット、机などの自分が持っているあらゆる物に対して、「これは気に入っている」「これで十分だ」という感覚があるので欲しいものがないのです。


ほぼ全ての物に対して満足しているので、Amazonなどの通販サイトを見たりショッピングモールに行ったりしても、「ここにある物は確かに素敵な物かもしれないけど僕には必要ないかな。僕が持っているのはお気に入りの物ばかりだし欲しいとも思わないし買う必要もない」と思うので、「欲しい」という感覚が生まれません。


ミニマリストになるきっかけを得てから約2年が経過しましたが、自分なりの最強の持ち物がかなり確立されているので欲しいものがないのです。


ミニマリストになるきっかけを得たのは2017年11月19日です。きっかけに関する記事もあるので是非ご覧ください。  



ミニマリストになったきっかけとは?それは一本のTV番組でした。

2019.08.28





終わり

オタクミニマリストけんの部屋にあるフィギュア


欲しいものがないと上記では言いましたが、その中でもフィギュアだけは超欲しいと感じています。


これだけはたくさんあればあるほど良くて、買うたび見る度に幸せな気持ちを抱きますし、もはや生きがいです。


下記の記事では、ミニマリストである筆者の持ち物をまとめたので是非ご覧ください。自分で言うのも少しアレですが、僕が今持っている持ち物は科学的根拠があったり、機能性が高い物が多いので参考になる部分が確実にあると思います。参考までにご覧ください⬇️




というわけで本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^


ミニマリストけんとフィギュア