ミニマリストになるのに最も向いてる性格サイコパス説

ミニマリストになるのに最も向いてる性格はサイコパス
ミニマリストけんのYouTubeチャンネル


こんにちは、100体以上のフィギュアを持っているミニマリストけんです@ken_minimalist




ミニマリストになるのに向いてる性格ってなんなんだろ。知っていたら教えてください。



この疑問に答えます。


記事の内容は以下の1点です⬇️


記事の内容
「ミニマリストになるのに最も向いてる性格サイコパス説」の提唱 



ミニマリストになるには多くの時間を必要とし、2年かかる人もいれば5年かかる人もいます。ミニマリストになるために必要な時間は個人差が大きく、その差が生まれる要因は多岐に渡ります。


色々な要因があると思いますが、その1つに「性格」があります。ミニマリストになるのに向いている性格、向いていない性格が確実に存在します。


向いてる性格はいくつかあると思いますがこの記事では、「ミニマリストになるのに最も向いてる性格はサイコパスである」ことを提唱します。



参考までに是非ご覧ください。



ミニマリストになるのに最も向いてる性格サイコパス説


ミニマリストになるのに最も向いている性格は「サイコパス」であると思います。




当然ですが、ミニマリストになるには多くのものを捨てなければなりません。


解釈は色々あると思いますが、ミニマリストとは物質的な「物」だけでなく、無駄な行動や思考、感情、人間などを消し、排除し、捨てて合理的に判断する人、生活する人であると思います。


なので、とにかく「捨てる」という行為をたくさんしなければ、ミニマリストになることはできません。ここについては誰しも異論はないと思います。


では、ミニマリストになる上で最も向いている性格とはなんでしょうか?タイトルや冒頭に書いたように「サイコパス」です。


ミニマリストになるのに最も向いてる性格はサイコパス




サイコパスとは色々な定義がありますが、ものすごく簡単に言うと、「他人に流されることがない合理主義者」「感情に振り回されず超合理的に行動できる人」をサイコパスと言います(解釈は本当に色々ですが)


サイコパスとは感情に振り回されない合理主義者であるので、


・目的を達成する

・成果を出す

・利益を得る




ためだったら、自分や他者の感情、空気、私的事情を無視して簡単に合理的な判断を下すことができます。




例えば、サイコパスではない人が物を捨てようとするとき、以下のことを考えると思います⬇️


「これ高校時代の思い出の品だし捨てられない….」

「これ捨てたいけどもらったものだしなかなか捨てられない….捨てたら嫌われるのではないか…」

「この服、せっかく高いお金払って買ったんだから捨てるのはもったいないよな….捨てられない…..」




このようにサイコパスでない人は、「何かに対する執着心」「感情」「恐怖」「空気」といったものが原因で、あらゆるものを捨てることができません。つまり、感情や執着心に振り回されると物を捨てることができず、いつまでもミニマリストにはなることはできません。「ミニマリストにはなれない」は言い過ぎですが、なるまでに多くの時間を使うのは間違いありません。


しかしサイコパスは、感情や空気、恐怖、執着心といったものを切り離して合理的に判断して行動することが得意です。故に、あらゆるものを捨てるのが得意です。


例えば、このように決断して捨てることができます⬇️


普通の人「これ高校時代の思い出の品だし捨てられない….」
サイコパス「思い出の品?別に眺めたり使ったりしないし不要だよね。捨てよう」

普通の人「これ捨てたいけどもらったものだしなかなか捨てられない….捨てたら嫌われるのではないか…」
サイコパス「もらった物だけど使わないし捨てるか。捨てて嫌われたらしゃーないね」

普通の人「この服、せっかく高いお金払って買ったんだから捨てるのはもったいないよな….」
サイコパス「高いお金を払って購入したとはいえ、今となっては使っていない不要な物。捨てよう、いらん。」



このように、感情や執着といったものに囚われることなく捨てることができ、合理的に判断することができるのです。


こういったことから、あらゆるものを捨てることが超得意なサイコパスは、ミニマリストになるのに向いていると思います。しかも、「社長はミニマリスト気質がある」「サイコパスが最も多い職種はCEO(最高経営責任者)」といった事実があったりします。


故に、ミニマリストになるのに最も向いてる性格はサイコパスであると思います。





終わり


余談ですが、ミニマリストである僕にはサイコパスの傾向や素質があります。



下記の画像は、「ビックファイブ」と呼ばれる心理学者が最も支持している性格診断の結果の一部です⬇️





この結果を見てわかるとおり、ミニマリストである僕にはサイコパスの傾向や素質があるそうです。この記事では「ミニマリストになるのに一番向いている性格はサイコパス」と言いましたが、僕はこの性格(あるいは素質)を持っていたおかげで、1年半未満という比較的早いスピードでミニマリストになることができたのかもしれません。


なので、「ミニマリストになろう」「物をたくさん捨てよう」と思ったら、「自分はサイコパスだ」「感情や執着心なんていらない、超合理的に判断せよ」くらいの勢いや感覚を持って物を捨てるくらいが丁度良いのかなと持ったりします。


というわけで本記事は以上となります。


この記事では、「ミニマリストになるのに最も向いてる性格はサイコパスである」ことを提唱しました。

上記の性格診断を見てわかる通り、どうやら僕にもその素質(?)があるようです。サイコパス気質があるおかげで徹底して無駄を排除することができ、今となっては捨てる物が一切ない領域にまで来ました。

そんな僕の部屋を紹介した記事があるので、そちらも是非チェックしていてください。この部屋に余計な物は一切ありません。


ミニマリストけんの部屋を完全公開

ワンルームに住む大学生ミニマリストの部屋を紹介【全て晒します】

2019.08.30



最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^


ミニマリストけんのYouTubeチャンネル

この記事を書いた人

AbemaTVに出演しているミニマリストけん

ミニマリストの正体やメリット、科学的かつ機能性が高い持ち物を紹介したブログを運営しています。持ち物の総数は405個ですが、フィギュアを105体持ってるラブライバーです。

あるテレビ番組がきっかけで物を捨て始める

②2019年5月にミニマリストけんとして活動開始し、11日後にAbemaTV生出演

③地上波の超有名MCの某番組からも取材依頼が来る

ミニマリストしぶさんとコラボ

⑤地上波のTV番組に出演が決まるも、某ウイルスの影響で出演ならず

フォロワー1400人越えのツイッターはこちら