パレオな男おすすめのブルーベリーを半年間食べた結果【視力は回復する?】

パレオな男おすすめのブルーベリーを食べた結果



こんにちは、ミニマリストけんです。@ken_minimalist


この記事では、パレオな男こと鈴木祐さんがおすすめするブルーベリーを食べた結果についてご紹介しますね。


パレオさんは、


「わたしのなかではブルーベリーが最強フルーツ」

「ブルーベリーほどいろんなご利益が実証されているフルーツって他にないんですよね」



と言っているんですよね。


僕は、そんなブルーベリーを半年間食べました。


パレオな男がおすすめするブルーベリー
セブンイレブンで爆買いした時の写真



ブルーベリーといえばやはり、「目に良い」というのが鉄板のメリットですが、その視力に劇的な変化が起こったのでそれについて紹介しますね。


女性



「ブルーベリーは視力に良い」という点ばかりが取り沙汰されますが、その他メリットについても紹介します。アンチエイジングや筋トレにも効果があるんだとか……


パレオさんおすすめのブルーベリーについて興味がある方、ブルーベリーを食べると視力がどうなるのかについて知りたい方は、この記事を是非参考にしてみてくださいね。


記事の内容

ブルーベリーを半年間食べたら視力はどうなった?

その他メリット



ミニマリストけんの自己紹介



パレオな男おすすめのブルーベリーを半年間食べた結果【視力は回復する?】

半年間毎日食べた結果視力が…..

パレオな男おすすめのブルーベリーを食べた結果


というわけで、半年間食べた結果を紹介しますね。


食べる前の視力が3年連続で「0.90」でした。


ブルーベリーを食べる前の視力



ブルーベリーを1日あたり50〜80gを摂取し続けました。もちろん、毎日です。


目に良いと言われているブルーベリーを、視力が3年連続「0.90」だった僕が毎日50〜80g食べたらどうなったのでしょうか?


結果がこちらです⬇️


パレオな男おすすめのブルーベリーを食べた結果




なんと、3年続けて「0.90」だったのが「0.30」も上がって「1.20」になったのです。
これはなかなか衝撃的な結果なのではないでしょうか?視力アップを狙いとして食べ続けたわけではないのですが、まさかの視力0.30アップ


「やはりブルーベリーは目に良いんだな」と思われたかもしれませんが、これは偶然起こった可能性もあります。ここが重要なのですが、「ブルーベリーを食べると視力が上がるかはよくわからない」とのことです。


確かに、ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンが目に良いと言われているのですが、これが視力アップに繋がるかと言われたらよくわからないとのことです。

ブルーベリーに関するいろんな記事を読んでみると、


「目に良いかもしれないという希望的観測があるだけで、医学的な証明はできていない」

「アントシアニンは目の疲労を軽減してくれるが視力回復までは見込めない」

「そもそもアントシアニンが目に良いのかすら怪しい」




といったことが書かれていたり言われたりしています。


視力が上がった理由はもしかしたら別にあるのかもしれませんし、視力検査でまぐれで当てたという可能性、ブルーベリーには本当に視力回復の効果があってその恩恵を見事に受けることができた、など様々な可能性があります。

視力上がる説に関しては確かな情報がない(あるいは筆者が知らない)ので、かなり投げやりになってしまいますが、「ブルーベリーを食べると視力上がる説、信じるのか信じないのかはあなた次第」という感じです。


「じゃあブルーベリーってそんなに食べる必要ないのかな?」と思われた方。


ちょっと待ってください。


冒頭でチラッと紹介したように、視力以外にも「様々なメリット」があるんですよね。





ブルーベリーのメリット

パレオな男おすすめのブルーベリーを食べた結果


例えば、パレオさんのブログによると、


・ブルーベリージュースを4週間飲んだら酸化ダメージを受けたDNAが20%も回復

・25gの冷凍ブルーベリーを6週間食べたら心疾患のある患者のDNAダメージが13%も減少

・65才以上の被験者にブルーベリージュースを12週間飲んでもらったところ、言葉がなめらかになり、記憶力が良くなり、幸福感もアップ

・75gのブルーベリーを食べたら身体の酸化レベルが下がった

・ブルーベリーシェイクを飲んでから運動したら筋肉のダメージ量が減少した

・100gのブルーベリーでリンパ液の酸化レベルが下がった

引用元:https://yuchrszk.blogspot.com/2014/07/blog-post_3886.html



などなど、メリットというか恩恵が凄まじい。


ブルーベリーにはアンチエイジングや癌、感染症、心疾患に効果があるとされているポリフェノールがたくさん含まれています。なので、「DNAダメージが減った」「身体の酸化が抑えられた」などの効能があるのでしょう。


ポリフェノールとは、植物が発達させた防御物質(あるいは自衛物質)です。感染症や紫外線から身を守るためにこの物質を生み出しているのです。なので、その防御物質を我々人間が摂取すると、アンチエイジングや病気の予防などの効果が得られるのです。



そして、アンチエイジングや病気の予防だけでなく、記憶力アップや幸福感アップにも効果があるのですから驚きですよね。



「最近物忘れが増えてきたな….」

「何やっても楽しくないな….幸せを感じられないな…..」



と感じている人は、ブルーベリーを食べると改善されるかもしれません。


こんな感じで、ブルーベリーには視力回復以外にも様々な効能があるんですよね。


「目を良くするぞ!」

「視力上げるぞ!」



といった目的で食べる人が多いですが、アンチエイジングや病気の予防、記憶力の向上、幸福感アップなどにも使うことができるスーパーフードです。


でもブルーベリーってフルーツだから糖質がたくさん含まれているんじゃないの?カロリー高そうだしそんなに食べない方がいいんじゃないの?



と思われた方、安心してください。


ブルーベリーは超低カロリーで低糖質です。


白米・食パン・ポテチの100gあたりのカロリーと糖質は、


・白米:168kcal 糖質35.6g

・食パン:264kcal 糖質44.4g

・ポテチ:554kcal 糖質55g



です。ポテチやばいですね…..


クロワッサン




ですが、ブルーベリーは100gあたりなんとたったの、


49kcal糖質9.6g




です。

ポテチと圧倒的大差がつくのはもちろん、白米や食パンと比べてみても全てにおいて半分以下です。

お菓子で例えると、ハイチュウ約2.5個分です(1個あたり糖質3.8g・19kcal)


なので、少し言い方は悪いですが、ブルーベリーを食べるときに糖質やカロリーを気にするのは愚の骨頂。カロリーや糖質を気にする必要はほとんどなく、ガンガン食べてもその2つにおいてはなんら問題はないということになります。


もちろん食べ過ぎは良くありませんが。



僕がお世話になっているブルーベリーはこちらですので、参考までに是非チェックしてみてください。コンビニやスーパーよりも安いですよ。






終わり


というわけで本記事は以上となります。


「ブルーベリー」と聞くととかく、「目に良い!」「視力が上がる!」などと言われています。ですが上記に買いたように、それ以外にもたくさんのメリットや恩恵があります。


冒頭でも書きましたが、パレオさんのブログでも、


「以前に100円ローソンの冷凍ブルーベリーにハマッてるって話を書きましたが、その後いろいろ調べるうちに、わたしのなかではブルーベリーが最強フルーツの地位につきまして。」

ブルーベリーほどいろんなご利益が実証されているフルーツって他にないんですよね。」

「パレオダイエット的に最強のフルーツといっていいんかなかろうか。」

引用元:https://yuchrszk.blogspot.com/2014/07/blog-post_3886.htm



といった具合で、かなり絶賛されています。

Amazonで買えば1g約1円で購入することもできるので、おやつや昼食、デザートなんかにはもってこいの食べ物ではないでしょうか?


「目を良くしたい!」「若さを保ちたい!」「病気になりたくない!」と思っている方は是非試してみてください。






おすすめ記事(クリックでページに飛びます)

ミニマリストの全持ち物リスト

 

ミニマリストとは

ミニマリストの部屋紹介