【財布の中身も公開】ミニマリストの財布と支払い方法を公開します。

キャッシュレス


こんにちは、ミニマリストけんです。


悩む男性

ミニマリストってどんな財布持ってるんですか?あと支払い方法とか知りたいのでよかったら教えてください。



この疑問に答えたいと思います。


記事の内容は以下の3点です⬇️


①財布の紹介

②財布の中身の紹介

③支払い方法の公開



この記事を読むと、「その財布使っているんだ」「ミニマリストの財布の中身ってそんな感じなのか」「なるほど、そういった支払い方法をしているのか」と知ることができます。


ミニマリストの財布事情について知りたい方は是非ご覧ください。


【財布の中身も公開】ミニマリストの財布と支払い方法を公開します。

ミニマリストが使っている財布


財布は無印良品の「イタリア産ヌメ革ラウンドファスナー小銭・カードケース」という商品を使っています。


2019年7月に購入したのですが、その時は3900円でしたが現在は価格が変更したようで2700円です。


この財布はとにかくシンプルで余計な装飾がないです。





カードと小銭を入れるところが2箇所あるだけという非常にシンプルな構造で余計な要素がありません。


「イタリア産のヌメ革」という素材を使っているらしく、革に関してはあまり知りませんが4000円というだけあって安くは全く見えません。


何の財布を買えばいいかわからず、「とりあえず無印でいいか」と思考停止でこの財布を買ったのですが使い心地もデザインもかなり良く、リピートは全然アリという感じなのでオススメの一品です。


イタリア産ヌメ革ラウンドファスナー小銭・カードケース 生成



ミニマリストの財布の中身


財布の中身は以下の通りです⬇️


・楽天デビットカード

・某銀行のキャッシュカード×2

・運転免許証

・健康保険証

・現金(お札と小銭)



財布の中身は上記に記したものだけです。


※個人情報の保護のため、画像は控えさせてもらいますm(_ _)m



ミニマリストになる前は長財布を持っていて、ポイントカードや割引券、レシートなど色々なものが入っていましたが全て処分し、ここまで財布の中身を減らすことができました。



ミニマリストの支払い方法


支払い方法は以下の5つです⬇️

①PayPay

②楽天デビットカード

③現金

④Suica

⑤LINE Pay



この5つを使っていますが、ほとんどの支払いをPayPayと楽天デビットカードで済ませています。残りの3つは補助的に使用しています。


下記では、使うタイミングとそれを使うメリットについて紹介したいと思います。


✔️PayPay

画像引用元:PayPay


外出時の買い物の支払いはほとんどPayPayで済ませています。




どこでPayPayを使っているのか下記でまとめました⬇️


・スーパーやドラッグストア、コンビニ

・外食

・ユニクロや本屋など

・光熱費 ※家に送られてくる請求書を使ってバーコード決済をすることができます



2019年に入って急激に対応している店舗が増えてきたので、大体の支払いをPayPayで行うことができます。

スーパーはもちろん、個人の飲食店や本屋でも対応している店舗が急増しています。



PayPayを使うメリットをまとめておきます⬇️


・対応店舗が多い

・20%還元や20回に1回の確率で最大1000円が付与されるといったキャンペーンがある

・常時1.5%還元 ※増税前は3%でした




メリットの1つ目は上記に書いたように、対応店舗が多い点にあります。


対応店舗が少なかった頃は、LINE Payで支払ったりメルペイで支払ったりとバラバラでしたが、現在はPayPayの対応店舗が多いのでこれ1つだけで決済できるの管理がかなり楽です。


2つ目のメリットは、キャンペーンが多いという点です。


最近は頻度が少なくなってきましたが、それでも稀に20%還元などのキャンペーンが開催されます。


3つ目のメリットは、還元額が1.5%であるという点です。


クレジットカードでもなんでもそうですが、還元率は基本1%なのでここも大きなメリットだと思います。


PayPay公式ホームページはこちら



✔️楽天デビットカード

画像引用元:楽天


PayPayもかなり使っていますが、楽天デビットカードも重宝しています。


用途を下記でまとめました⬇️


・現金の入出金

・SuicaとLINE Payのチャージ源

・アプリの課金

・Amazonやメルカリなどの通販の支払い

・ニコ生やAmazonPrime、ファンクラブ会員費の支払い

・外食や外での買い物の支払い




通販や会員費、アプリへの課金はすべて楽天デビットカードで済ませ、PayPayで支払うことができなかった場合に使用します。


楽天デビットカードを使うメリットは以下の通りです⬇️


・1%還元

・即時引き落としなので使いすぎることがあまりない

・Amazonやメルカリなどと提携することで、支払いが楽になる




常時1%還元です。


もし年間で100万円使ったら1万円が還元されることになりますし、僕は学生ということもあってあまりお金を使わないのですが、半年間で3000円ほど還元されました。


2つ目のメリットは、買い物をした瞬間にお金が引き落とされる即時引き落としなので、クレジットカードのように湯水の如くお金を使うことがないので安心であるという点です。


3つ目の点はAmazonやメルカリなどと提携することで支払いが楽になるという点です。


楽天デビットカードを使う前はギフトカードを使ってチャージしたり、コンビニ決済をやっていました。しかし、楽天デビットカードと契約してAmazonやメルカリと提携したことで、支払いの手間を大幅に省くことができました。


入会はこちら⬇️




✔️現金


現金のみのお店がいまだにあるので、そのお店で支払いをするときに使います。


個人の飲食店はもちろん、チェーン店ですら現金のみお店もあるので数千円持ち歩いています。


✔️Suica


Suicaは電車賃と自動販売機の支払いの時に使います。


使用頻度はあまり高くありませんが、電車に乗る時に必要なので必須ツールです。


Suicaへの入会はこちら



✔️LINE Pay

画像引用元:LINE


LINE Payは送金する時のみ使用します。


2018年〜2019年上半期にかけては20%還元や送金キャンペーンなどのお得なキャンペーンが開催されていてヘビーユーズしていました。


しかし、2019年下半期に入ってからはこのようなキャンペーンが激減し、ほとんど行っていないので使っていません。上記に書いたように、LINE Payを使用するときは友達に誕生日プレゼントや借りたお金を返すために送金をするくらいです。


買い物でも使用することはなく、PayPayで十分です。


LINE Payの入会はこちら





終わり


僕は現金派でしたが、2019年からキャッシュレスに移行しました。


半年以上キャッシュレス生活を送ってみて感じたのは、現金よりキャッシュレスの方が圧倒的に楽なので是非取り入れてみてはいかがでしょうか?


というわけで、本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)