ミニマリスト、掃除機を捨ててクイックルワイパーで代用してみた!


こんにちは、ミニマリストけんです。


掃除機を捨ててクイックルワイパーで代用してみた感想を紹介したいと思います。


具体的な記事の内容は以下の4点です⬇️


①掃除機を手放した理由

②クイックルワイパーの3つのメリット

③クイックルワイパーの2つのデメリット

④掃除機のメリット・デメリット




掃除機を手放してクイックルワイパーで掃除をする生活を5ヶ月以上続けているのですが、そこで感じたことを紹介したいと思います。


「ミニマリストになるために掃除機を手放したいけど掃除機なし生活をしている人の意見を聞きたい」「クイックルワイパーのメリット・デメリットを知りたい」と思っている方は是非ご覧ください。


ミニマリスト、掃除機を手放してクイックルワイパーで代用した結果

掃除機を手放した理由


掃除機を手放したのはミニマリストの友人との何気ない会話でした。




掃除機を手放したのは以下のような会話がきっかけです⬇️


友「けんくん掃除機持ってるんすね」

け「掃除機はさすがに必要だよ〜」

友「フローリングだとクイックルワイパーで十分なんすよね〜。この部屋カーペットないよね」

け「あ、確かに。掃除機ってうるさいしいらないね。クイックルワイパーにしよう」

引用元:ミニマリストけんが捨てたもの6選 〜2019年編上半期編〜




明確な理由を持って手放したのではなく、「掃除機じゃなくてクイックルワイパーでいいか」という感じの軽いノリで手放しました。


下記では、クイックルワイパーを使ってみて感じた3つのメリットと2つのデメリットを紹介しつつ、掃除機のメリット・デメリットも紹介したいと思います。


掃除機で掃除しようかクイックルワイパーで掃除しようか迷っている方は是非読み進めてみてください。




クイックルワイパーのメリット

✔️メリット①:あらゆる場所を掃除できる

画像引用元:https://www.kao.co.jp/quickle/place/window/


クイックルワイパーを使うとあらゆる場所を掃除することができます。




先端部分に湿ったシートを取り付けて掃除する道具なので、床やキッチン、天井、窓、トイレ、壁、風呂場など、ありとあらゆる場所を掃除することが可能なのです。


掃除機で掃除しようとすると床しか掃除できませんが、クイックルワイパーだと絨毯やカーペットが敷いていない空間であれば基本的にどこでも掃除することができるのです。


クイックルワイパーがあれば大抵の場所を掃除することができるのでここは大きなメリットでしょう。


✔️メリット②:埃だけでなく汚れを取ることができる


埃だけでなく汚れを取ることができます。


上記に書いたように、クイックルワイパーは湿ったシートをつけて掃除する道具なので埃だけでなく汚れも取ることができます。


例えば、以下のような汚れを取ることができます⬇️


・床に落ちたりこぼしてしまった食べ物

・床にこびりついた埃

・トイレ周りやキッチンの汚れ

・窓や壁、天井などの汚れ



僕が掃除機を持っていた頃は、雑巾やタオルなどの掃除道具を使って汚れを取っていました。しかし、クイックルワイパーを購入してからというものの、これ一本でリビングやキッチン、窓、トイレ周りなどのありとあらゆる場所を掃除することができるようになりました。


おかげで、掃除道具が減ってトイレ周りなどのあまり掃除したくないところも気軽に掃除できるようになったのでとても便利です。


ミニマリスト的にも掃除道具が減ってなかなかいいと思います




このように、埃以外にも汚れを取ることができます。


✔️夜でも掃除できる

画像引用元:https://panoramadessin.com/archives/994


夜でも掃除することができます。


掃除機だとうるさくて掃除することができませんが、クイックルワイパーは無音なので夜中でも掃除することができます。


僕もそうでしたが、「今どうしても掃除したいけど、夜だから掃除機をかけられない」ということがあると思います。しかし、クイックルワイパーならいつでも掃除することができるのです。


主婦や複数人で暮らしている人であれば、クイックルワイパーを持っていれば一緒に住んでいる人に迷惑をかけずに掃除できるのでとても便利だと思います。


僕自身、帰りが遅くなって夜掃除したい時がありましたが、掃除機を使っていた頃はできませんでした。しかし、クイックルワイパーを購入してからというものの、いつでも掃除できるようになったのでとても便利です。


繰り返しですが、掃除機だと夜に掃除することができませんが、クイックルワイパーだといつでも掃除することができます。




クイックルワイパーのデメリット

✔️デメリット①:掃除するのに時間がかかる


掃除機と比較するとクイックルワイパーは掃除するのに時間がかかってしまいます。


5畳や6畳とそこまで広くない家に住んでいるのであればそこまで大変ではないと思います。しかし、大きな家や10畳も20畳もある部屋をクイックルワイパーで掃除しようとすると時間がかかって大変だと思います。


例えば僕の部屋は10畳あるのですが、掃除機で掃除していた時はあまり大変ではありませんでした。しかし、クイックルワイパーに変えてからは以前よりも掃除に少しだけ時間がかかるようになって少々めんどくさいです。




5畳や6畳などのそこまで広くない部屋でしたらそこまでストレスではないと思いますが、広い部屋を掃除するとなると時間がかかって少し大変かもしれません。


✔️デメリット②:専用シートを買わないといけないので少しだけお金がかかる


専用シートを買う必要があるので掃除機に比べると少しだけお金がかかります。


Amazonで32枚入りが832円で売っていますが、100円ショップやスーパーに行けば安く売っています。


しかし、シートを雑巾で代用するという手があります。


クイックルワイパーに雑巾を装着すればお金もかかりませんし、おそらくシートよりも汚れが取れるかと思います。


画像引用元:【雑巾掛けめんどくさすぎ】クイックルワイパーで水拭きするとすごく簡単【雑巾挟め】



終わり


いかがでしたか?


僕は掃除機を手放してクイックルワイパーを使うようになって5ヶ月以上経つのですが、クイックルワイパーに移行してよかったなと思っています。


上記にも書きましたが、理由は以下の通りです⬇️


・床だけでなくトイレ周りや窓などのあらゆる場所を掃除することができる

・埃だけでなく汚れを落とすことができる

・夜も掃除することができる

・掃除機とは違ってコンパクト(下記の画像参考)






部屋が10畳と広いのでクイックルワイパーで掃除するのは大変ですが、それ以上にメリットが大きいので使い続けます。


ちなみに、僕が使ってるのはAmazonでも評価が4.3とかなり高い商品を使っています。


参考までに是非ご覧ください⬇️





絨毯やカーペットを敷いていなかったり、そこまで部屋が広くないのであれば掃除機よりもクイックルワイパーを使うのがベストではないかなと思います。


というわけで本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^


ミニマリストけんとフィギュア