ミニマリストが病気であると誤解される3つの理由と本当の正体とは?

部屋


こんにちは、ミニマリストけんです。


ミニマリストがTVで特集されると以下のような反応がツイッターなどのSNS上で散見されます。


  • 「ミニマリストってとにかく物を捨てまくってるけどただの病気なんじゃないの?」
  • 「こいつ、病気か?」
  • 「ここまで物が少ないのはもはや病気」



さらに、Googleで「ミニマリスト」と検索すると「ミニマリスト 病気」というキーワードが8番目に出てきます。





このように、「ミニマリストは病気である」と思われている側面があるのでこの記事では、ミニマリストが病気だと誤解されている3つの理由と、ミニマリストはただの合理主義者であるという事実について解説したいと思います。


この記事を読むと、「なるほど、ミニマリストって病気じゃなくて合理主義者なんだな」と分かると思います。


参考までに是非ご覧ください。



「ミニマリストは病気」と誤解される3つの理由

テレビに出演するミニマリストは極限型がほとんど


テレビで特集されるミニマリストの多くが極限型だからです。




極限型ミニマリストとは簡単に言うと、普通のミニマリストと比べてもかなり物が少ない人のことを極限型ミニマリストと呼びます。


彼らは冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機すら持っていない人や、リュックやスーツケースに私物が全て収まるくらいの量しか物を持っていない人もいます。


こんな感じで、部屋にMacBookしかない人もいます⬇️


畳の上にあるMacBook




テレビで特集されるミニマリストの多くがこの極限型ミニマリストなのです。


例えば、ミニマリストしぶさんや佐々木典士さんが該当するかと思います。


ミニマリストしぶさんは全ての荷物を合わせてもこれだけだそうです⬇️




佐々木典士さんのお部屋はこんな感じです⬇️


画像引用元:https://suumo.jp/journal/2016/03/29/108353/



そういった極限型ミニマリストがTVで放送される事によって視聴者はこのように思ってしまうのです。


  • 「何あの部屋!?この人病気なの!?」
  • 「こんなに物が少ないなんて病気なんじゃないか?」
  • 「ミニマリストって強迫性障害なんじゃない?」
  • 「ミニマリストとか病気で草」



このように、


TVに出演するミニマリストは極限型がほとんどなので、「ミニマリストって病気なの!?」と思われてしまうのです。





有名なミニマリストは極限型


ミニマリスト界で有名な人は極限型が多いです。


上記にも書きましたが、ミニマリスト界で有名な方は佐々木典士さんとミニマリストしぶさんで、知名度に関しては群を抜いています。


このお二方は、ミニマリストの中でもTV出演が比較的多く、佐々木さんの本は15万部、しぶさんの本は3万9000部とかなり売れています。




ミニマリストについてよくわからない人がツイッターやGoogleで「ミニマリスト」と検索したり、本屋やAmazonで本を買おうとすると有名で売れているこの御二方のページにたどり着くのです。


その結果、


「何この部屋!?何もないじゃん!!こんなに捨てるなんて病気なの!?」と誤解してしまうのです。





とにかく物を捨てることができるミニマリストは病気に見える


物をとにかくたくさん捨てることができるミニマリストは病気に見えてしまうそうです。




何故かというと、一般的には、物を捨てることができる人よりも捨てられない人の方が圧倒的に多いからです。


ミニマリストは、自分が持っている物に対して「不要」と判断したら即手放します。それが洗濯機であろうと冷蔵庫であろうと、「これはいらないな」「不要だな」「手放すべきだな」と思ったらすぐに「売る」「捨てる」「譲る」ということを行うのです。


ミニマリストが涼しい顔をして物を捨てている光景を、物が捨てられない人が見ると、「なんでこの人たちこんなに簡単に物を捨てることができるんだろう?なんかに取り憑かれてるの?病気なんじゃないの?」と思ってしまうのです。



粗大ゴミ



ミニマリストは病気ではなくただの合理主義者である


単刀直入に言うと、ミニマリストは病気ではなくただの合理主義者です。




モノを捨てるメリットやモノが少ないメリット、ミニマリストのメリットたくさんあるのですが、以下のようなメリットがあります。


  • 物が少ないと家賃が安く済み、移住環境を自由に決めることができる
  • 無駄遣いが減る
  • 自分に投資するようになる
  • 貯金ができお金を使うことに対する満足度が上がる
  • 掃除・片付けに費やす時間が劇的に減る
  • 外出の準備時間が減る
  • 探し物に費やす時間が減る
  • 行動力が上がる
  • 常に部屋が綺麗なので身も心もスッキリする
  • 人と比較することが減り、劣等感が減る
  • 身軽になる
  • 家に『G』が出なくなる
  • 人生が楽になる



このように、ミニマリストになるメリットやモノが少ないメリットはたくさんあります。


ただひたすら不要な物を減らすだけで人生が変わり、生きやすくなるのです。


故に、


ミニマリストは病気でも宗教でもなく、自分の人生を変えるために合理的に判断して物を捨てているただの合理主義者なのです。




上記で、物が少ないメリットやミニマリストになるメリットを挙げましたが、ミニマリストのメリットに関する記事があるので詳しくはそちらをご覧ください⬇️




というわけで本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)




ミニマリストけんとフィギュア