【17人調査】ミニマリストをやめた理由って一体何なの?【まとめ】

ミニマリストやめたと言う人


こんにちは、ミニマリストけんです@ken_minimalist

2010年頃から、「ミニマリスト」と呼ばれる人が急増していますよね。

日本が豊かになって、私たちの身の周りには物が溢れました。物が増え過ぎて生活に悪影響が出てしまったことによって、物を減らしまくった人間(ミニマリスト)が増えたのでしょう。

ミニマリストになると良いことだらけです。例えば、「掃除や片付けが楽になる」「無駄遣いが減る」「生活費が下がる」など、メリットは数えきれません。

ですが、ミニマリストが増えている中、


ミニマリストやめます

ミニマリストやめました



と言う人が稀にいるんですよね。

ミニマリストになるのはメリットだらけにも関わらず、不思議ですよね。

なのでこの記事では、「ミニマリストやめた」と言う理由をまとめましたそれを知るために17人の方を調べました

結果、「ある理由」が圧倒的多かったんですよね。

興味がある方は読み進めてみてくださいね。


ミニマリストけんの自己紹介



【17人調査】ミニマリストをやめた理由って一体何なの?【まとめ】


17人調査したのですが、項目が多かった順にランキング形式で第3位から発表していきますね。

では見てみましょう。


ミニマリストをやめた理由第3位

「ミニマリストやめた」「ミニマリストやめました」と言った人で3番目に多かった理由が、物が増えてきたからというものでした。

こちら、17人中2人がこのように述べていました。


周知の通り、「物が少ない人がミニマリストである」と考えている人がほとんどです。


ミニマリストの部屋




物を減らしまくってミニマリストになったものの、家庭の事情や欲しい物が増えたことで、いつの間にか物が増えて「ミニマリストやめた」「ミニマリストやめました」と言っていたんですよね。

「こんなに物を持っている私はミニマリストではない。だからミニマリストをやめました」「最初は物をどんどん減らしていたけど、いつの間にか物が増えていました。なのでミニマリストやめます」といった具合です。


というわけで、ミニマリストをやめた理由の第3位が、「物が増えたから」でした。





ミニマリストをやめた理由第2位

悲しむ人


第2位が「物が少ない生活が不便だから」です。

17人中3人がこのような発言をしていました。


ミニマリストになるメリットはたくさんあります。

なのでそれを目指して自分も、「ミニマリストになるんだ!」「物を減らしまくってミニマリストになって快適な生活を手に入れるんだ!」と考えて物を減らし始めます。

ですが結果として、必要な物を捨ててしまったり、必要以上に物を減らしてしまう人が稀にいます。

例えば、


「ミニマリストを見習って趣味の物ほとんど捨てた!!」

「ミニマリストは靴を1足しか持たないから自分も1足しか持たない!!」

「ミニマリストって下着や服を2〜3セットくらいしか持ってないんでしょ?それ見習って自分も頑張ってそこまで減らしました!」



といった具合です。

ですが結果として、


「物が少ない生活不便だな」

「ミニマリスト生活イマイチだな」



となって、「ミニマリストやめた」「ミニマリストやめました」と言う人がいるのです。

なんとも滑稽に見えますが、これと似たようなことは本当にあるんですよね(上記の例は作り話ですが)

というわけで第2位が、「物が少ない生活が不便だから」でした。



ちなみに、「ミニマリストは靴を1足しか持たない」「ミニマリストは趣味がない」というのは嘘である確率がかなり高いです。服の数は分かりませんが、それらについては下記の記事で紹介してあります⬇️

ミニマリストの靴事情

【完全版】ミニマリストの靴事情を紹介!【何足ある?何を履いてる?】

2021.04.25
ミニマリストの趣味とは

【発表】ミニマリストの趣味は一体何なのか?【60人を調査】

2021.02.10
ミニマリストは服を何着持っているか

【年間何枚?】ミニマリストは服を何着持っている?【31人を調査】

2021.02.09



ミニマリストをやめた理由第1位


堂々の第1位が、「「ミニマリストとはこうあるべき!」というのに対して嫌になった」です。

言い換えると、「ミニマリストは◯◯すべき」「ミニマリストは◯◯してはいけない」というのに耐えられなくなった、嫌になったという具合です。

17人中7人がこのようなことを言っておりまして、第2位とは2倍以上の差があります。


そういった理由で「ミニマリストやめた」と言っている方は、「ミニマリストは◯◯すべき」「ミニマリストは◯◯してはいけない」という風潮というか圧力のようなものを感じているようです。

例を挙げると、


「物を増やすべきではない」

「1日3食も食べるべきでない」

「大きな家具・家電は買うべきではない」

「趣味の物をあまり増やしてはいけない」

「ベッドではなく寝袋やマットレスで寝るべきだ」

「テレビは時間の無駄だから持つべきではない、捨てるべき。」



といった具合。

それらを受けて、自分の中に反感やヘイトが溜まってしまって、「ミニマリストやめた」と宣言してしまうんですよね。

「ミニマリストなのに自分は○◯してる….」「ミニマリストなのに自分は…..」といった感じで、罪悪感を抱えてしまうんだとか。

また、「ミニマリスト」と名乗ることで、持つべき物や行動を決められているような感覚が嫌だったり、窮屈なのでしょう。


推しのTシャツを着て部屋にフィギュアを100体以上並べているワイはミニマリストをやめなければいけないんだろうか…..


ミニマリストけんはミニマリストをやめる!?
画像引用元:ミニマリストにヲタクは難しい?【ルームツアー】


まあそれは置きましょう笑


そんな感じで、「ミニマリストはこうあるべき!!」という風潮や圧力のようなものが嫌になってヘイトが溜まった結果、「ミニマリストやめた」「ミニマリストやめました」と言う人がいるのです。


ちなみに、僕にとってフィギュアは生活必需品なのでそこはご了承くださいませ。


ミニマリストけんはミニマリストをやめる!?



その他理由


一応、ランク圏外になった理由もザッと挙げておきますね。


・変なやつだと思われるのが嫌だから

・物を捨てまくったが残ったのは虚しさだけ

・物が多いにも関わらず美しい部屋を見たから

・ミニマリストになる上での目標を達成したから

・ミニマリストを追い求めるとその枠に自分がハマりそうだから






終わり


ミニマリストをやめた理由をまとめたのですが、いかがでしたか?

「ミニマリストやめた」と言う人は、物を減らす目的を分かってない人が多いと思うんですよね。

物を減らす目的はつまるところ、生活の質を上げるためでしょう。

ですがそのような発言をする方は、物を捨てることや少ない物で生活すること事態が目的になっている人が多いんですよね。「生活の質を上げる」という目的や目標が忘れ去られているのです。

そう考えると、ミニマリストなんて肩書きは正直関係ないというか、どうでもいいと思います。国家資格でもなんでもありませんからね。


「ミニマリストとして発信してお金を稼ぎたい」と思っているなら話は別かもしれませんが。



下記の記事では、ラブライバーでオタクな筆者がミニマリストの本質について解説しています。オタクがミニマリストについて解説した、ちょっと珍しい記事です。

この記事を読めば、ミニマリストの本質や物を減らす意味、目的について分かるでしょう。


ミニマリストけんの部屋を完全公開

ミニマリストの意味・本質・定義とはなんなのか【ラブライバーが超解説】

2020.07.05



ではまた!


PVアクセスランキング にほんブログ村

おすすめ記事(クリックでページに飛びます)

ミニマリストの全持ち物リスト

 

ミニマリストの部屋紹介