ミニマリストになる前となった後の掃除と片付けに使う時間を計算してみた!

スッキリした部屋


こんにちは、ミニマリストけんです。


この記事では、ミニマリストになる前となった後の掃除と片付けに使う時間を計算してみたのでその結果について紹介しようと思います。


・ミニマリストになる前はどのくらい掃除・片付けに時間を使っていたのか?

・ミニマリストになった今、どれくらい掃除・片付けに時間を使っているのか?

・合計でどれくらい時間が浮いたのか

・掃除グッズの紹介




の4点を紹介したいと思います。


参考までに是非読んでみてください。


ミニマリストになる前はどれくらい掃除・片付けをしていたのか?


ミニマリストになる前は掃除と片付けにかなり時間を割いていました。

理由は以下の3つです。


①そこそこの綺麗好き

②モノが多すぎた

③整理整頓能力が皆無



この3つの理由により掃除と片付けにかなりの時間を使っていました。


ちなみに、ミニマリストになる前のモノの量はこれくらいでした⬇️


上2枚が2016年4月〜9月まで住んでいたアパートで、下2枚は今住んでいるアパートに引っ越しが終わった瞬間の写真です。



これだけモノがあれば散らかるのも当然ですよね。


さらに、綺麗好きで整理整頓が下手だったので「散らかる→片付ける」を永遠に繰り返していました。


掃除にかけていた時間


ここでは掃除のことを、「水回りを綺麗にする」「床を綺麗にする」「埃を取る」「トイレ掃除」「掃除機を使う時間」等のことであると定義しましょう。


ミニマリストになる前は特に、水回りの掃除をかなりやっていました。


というのも、料理を普通にやっていたので食材の断片が散らばったり、油を使って炒めたり、お料理グッズを使っていたりしました。





なので、水回りが特に汚れ、ガスコンロも汚くなったりとなかなか大変でした。




水回りの掃除やガスコンロの掃除、床の掃除、埃の除去、拭き掃除などに、1週間で5時間ほど費やしていたのではないかと思います。

※「5時間は多い!」と思われたかもしれませんが、綺麗好きなのでこまめにやっていました

これが1年続くと260時間費やすことになり、言い換えると約10日分もの時間を掃除に使っていたことになります。


片付けにかけていた時間


片付けを「散らかったモノを整理整頓すること」と定義します。


上記に書いたように、①モノが多く②綺麗好きで③整理整頓スキルがゼロというトリプルコンボにより片付けに多くの時間を使っていました。


以前住んでいた部屋はこんな感じでモノがとにかく散らかっていて、毎日のように片付けをしていたのではないかと思います⬇️




時には3時間も片付けをすることがあったりと、とにかく時間を取られていました。


平日にも結構やっていましたが週末に結構やっていたので、1週間に7時間は片付けをしていたと思います。


1週間で7時間となると、1年で364時間費やし、約15日分も片付けに時間を使っていたことになります。


整理整頓スキルがゼロで、綺麗好きという気質が生んだ悲劇ですね。




ミニマリストになった今どれくらい掃除・片付けをしているのか?


結論から言うと掃除・片付けの時間は劇的に減りました。


びっくりするくらい費やす時間が減りました。


掃除と片付けを分けて紹介します。


掃除に費やす時間


結論から言うと、1週間で30分〜1時間ほどだと思います。


一番大きな要因は、料理をしなくなったことです。


料理をしなくなった理由は下記の記事に書いてあるので参考までに読んでみてください⬇️




料理をほぼしないので水回りが全然汚れなく、ガスコンロも置いておらず、火を使って料理をすることがゼロなのでキッチンが汚れません。


料理をしなく、モノが少ないおかげで床も汚くならないので掃除にかける時間が劇的に減りました。


とはいえ、ゼロではありません。


毎週日曜日にトイレやキッチンなどの水回りを綺麗にし、床をクイックルワイパーで拭いています。


風呂掃除の時間を含めても1週間に1時間といったところで、年換算だと52時間(約2日)ほど掃除に時間を使っていると思います。


ミニマリストになる前は1週間に5時間(年換算だと260時間=約10日)費やしていたので、なんと200時間以上浮いた計算になります。


日数に言い換えると、年間で約8〜9日もの時間が生まれたことになるのでなかなか衝撃的な数字です。


片付けに費やす時間


結論から言うと0に近いです。


何故なら、モノが少なすぎて散らかることがないのです。


この部屋を見るとわかるようにモノが少ないです。





モノが少なすぎて散らかることもなく、もはや「片付け」という概念すらありません。


片付けにかける時間が見事にゼロになりました。


ミニマリストになる前はモノが多く綺麗好きだったので、1週間に約7時間(1年で364時間=約15日)程の時間を使っていましたが今となればゼロです。


片付けに取り組む時間がゼロになったことで、年間で364時間=約15日もの莫大な時間が生まれたのです。


合計でどれくらい時間が浮いたか


年換算で計算します。


ミニマリストになる前は掃除と片付けに624時間(264+364)でした。


ミニマリストになってからは52時間費やしています。

※掃除は52時間で片付けは0時間です。


ミニマリストになったおかげでなんと、572時間(約24日)も浮いた計算になります。


※「624−52=572」




ざっくりとした計算で誤差はあると思いますがそれでも衝撃的な結果です。


約1ヶ月分も時間が浮いたのでミニマリストになったことで1年(12ヶ月)が13ヶ月になったと言ってもいいかもしれません。


掃除とか片付けのような何気ないことで多くの時間を使っているのだなと痛感しました。


掃除グッズ一覧




掃除道具はこの5点です。


用途はこんな感じです。

クイックルワイパー

→床を拭く

スポンジ(複数あります)とキュキュット

→食器や風呂、キッチンの掃除

左の青いスポンジ

→飲み物を入れるためのボトルを綺麗にするための製品ですが、使い物にならなくなったらトイレ掃除をして処分します。



という感じです。


終わり


いかがでしたか?


掃除とかって結構時間を使っているんだなあと僕は思いました。


日常の何気ない雑事によって時間が失われていくので、まずはそこに気づいて対策をすることが大切なのかなと思います。


「時間がなくて好きなことができない!」と思っていたら1日の中でどこに時間を使っているのかを考えることが意外と得策かもしれませんね。


参考までにこちらの記事も合わせて読んでみてください⬇️


おすすめ記事

【メリット5選】ミニマリストになると時間が生まれる5つの理由とは?




というわけで本記事は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)